福岡都市圏新築マンション~2018年統括と2019年展望まとめ~

※2019年1月28日更新

2018年:空港沿線のメガ物件登場により平均価格の過去最高を更新するも販売進捗は堅調

2019年:増税前駆け込み供給により物件数が前年比1.5倍に増加。販売難易度は上昇していく予測

■供給数推移
2015年:2626戸 → 2016年:2752戸 → 2017年:2858戸 → 2018年:3022戸 → 2019年:4000戸

2019年のエリア別の供給戸数予測 ※()は2018年の実績
中央区:1020戸(562戸)
博多区:240戸(410戸)
城南区:90戸(71戸)
早良区:450戸(517戸)
西区:105戸(105戸)
東区:1020戸(587戸)
南区:280戸(247戸)
西部:80戸(52戸)
東部:125戸(180戸)
南部:590戸(244戸)

■平均価格 / 面積 / 坪単価:Brillia Tower西新が価格を引っ張り、平均価格は過去最高を更新
2018年の平均価格 / 面積 / 坪単価= 4,423万 / 76.58㎡ / 190.9万

■2019年の予測
2018年の新規供給の大規模物件は好調に推移。2019年は再開発メガ物件とコンパクト物件が登場


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!