消費増税時に住宅ローン控除を3年延長
2019年度の税制改正大綱まとまる

2019年1月24日更新

2019年度の税制改正大綱がまとまりました。
住宅ローン控除は、消費税率引き上げ時に現行の10年から3年延長が決定。
建物価格(上限4000万円)の2%を上限に、所得税などから3年間で控除されます。

政府予算案では一定の基準を満たす住宅を買うときの次世代住宅ポイント制度も導入。
消費税率アップによる住宅購入時の負担を軽減されます。

住宅ローン控除は誰でも延長されるのか?

住宅ローン控除とは、家を購入すると住宅ローン残高の1%相当額が10年間、所得税や住民税から差し引かれる制度です。

Q:控除期間の延長は2019年10月以降が対象なのか?
A:そうです。ただし未完成物件を3月末までに契約した場合など、
経過措置で建物の消費税率が8%のケースは現行通り10年間です。
建物に消費税がかからない中古住宅も現行のままとなります。

延長でどのくらい控除額が増えるのか?

建物価格の2%が最大で控除されます。
建物価格が3,000万円なら、2%の60万円が3年間で控除されます。

増税後も家は買いやすそうですね。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!