リフォームとリノベーションの違い

弊社の販売物件でも、リノベーション物件とリフォーム物件があります。
そこで疑問に思うのが「リノベーションとリフォームって、なにがどう違うの?」いうこと。
どちらも古くなった住まいに手を加えることを指しますが、リノベーションとリフォーム、
同じような意味合いですが、この二つの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、「リノベーションとリフォームの違い」をはじめ、リノベーションを検討する上で知っておきたい基礎知識をご紹介します。

リノベーションとリフォーム、明確な定義がない!??

最初にお伝えしておきたいのが、実は、リノベーションとリフォームともに”国で定められた明確な定義はない”ということです。
メディアや、リフォーム会社、リノベーション会社が、それぞれの解釈で使い分けているのが現状です。
どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。


主要なリノベーション関連企業が加盟している『一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会』では、
以下のように定義・分類しています。

リフォーム
原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。=元に戻す

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。
例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、等が挙げられます。
ちょっとしたクロスの張り替えや古くなった設備の取換から大がかりな改修や増築まで何でもリフォームと呼ばれていますが、
老朽化したものを新築の状態に戻すという意味でつかわれることが多いです。
部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。


リノベーション
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。=中古住宅に新たな価値を生み出す

間取りから内装・配管・水回りなどすべてをゼロから考え直して、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。
例えば、
・仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる
・ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する
・住む人数に合わせて、4LDKを2LDKに変更し、全てを変える
等が挙げられます。


マンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんどです。
個室が細かく区切られ、これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。
住む人によって「心地いい間取りやデザイン」は異なります。
英語圏では、住まいの改修のことを"renovation"もしくは"remodel"と呼ばれます。

住む人の暮らしにあわせて刷新するのがリノベーションです。

リフォームが小規模工事、リノベーションが大規模工事と考えていただいても良いかと思います。

リノベーションは住まいづくりの「スタイル」で、積極的に古いものを再生させようという意味合いを持つ言葉です。
弊社では、「現状とは全く別物に生まれ変わった物件」にリノベーションの言葉を使用しています。

販売中物件には全て、リフォーム or リノベーションの言葉を使用していますので
上記を元にご判断いただければ幸いです。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!