不動産の「買い取り」と「仲介」の違いについて

不動産を買い取ってもらう場合と、不動産業者へ仲介をお願いする場合との違いについてお伝えします。

不動産の「買取」と「仲介」の売却の流れを比較すると、「買主」 「売却手続き期間」が大きく違ってくるのが特徴です。

買主 【仲介の場合】主に個人のお客様

【買取の場合】不動産会社
売却手続期間 【仲介の場合】広告・集客活動を通して、一から買主を探すため買取の場合よりも売却手続きが完了するまで時間がかかる

【買取の場合】不動産会社が購入するため早期に手続きが完了できる
売却価格 【仲介の場合】不動産市場の相場価格で売却できる可能性がある

【買取の場合】仲介と比べると場合によっては、売却価格が低くなることがある

買主が違う

仲介の場合、買主は「主に個人のお客様」となります。
そのため購入した不動産(マンション・戸建・土地)の利用方法は、
通常、ご自身がお住まいになるために購入する「実需」での利用がほとんどです。

一方、不動産の買取の場合、買主は不動産会社となります。
不動産会社は、利用されていない土地・建物・マンションを購入し、
不動産の開発・建設や表層リフォームから大がかりなリノベーションを実施し、付加価値をつけて、
再度販売をおこなう事業目的で購入します。

不動産業者の買い取りの場合、瑕疵担保責任を負いますので、
家に傾きがある、シロアリ被害・雨漏りがある等の場合は、買い取ってもらうほうが安心です。

売却手続期間が違う

仲介の場合、買主は主に個人のお客様となるので、広告・集客・販売活動の期間を想定しないければいけません。
一から購入希望者を探す必要があります。

また仲介では、販売を依頼した仲介会社(不動産会社)より、通常3ケ月を目安に不動産売買契約の締結に至ることを想定した
売却査定価格をご提案しますが、残債の関係や諸事情により、不動産の市0場相場からかけ離れた売り出し価格を設定した場合や
不動産の立地条件、破損・汚損状況によっては、販売期間が3ケ月以上の時間を要することも珍しくなく、長い場合は1年・2年を経過することもあります。

そして、広告・販売活動により具体的な購入検討者が見つかった場合でも不動産売買契約へ進めるためには、買主との契約条件や引渡し期限などの諸条件の折衝も必要となりますので、売主の売却ご希望条件だけでは契約を進めることが難しいことや無事不動産売買契約を締結した後も最終的に売却手続きが完了する「残金決済・引渡し」までは、通常2~3ヵ月が必要となります。

そのため「仲介」の場合は、不動産を現金化できるまで、一定の売却手続期間が必要となるのです。


一方で、不動産の買取の場合、買主は不動産会社となるため、仲介の場合のように一から購入希望者を探す、広告や集客といった販売活動を必要としません。

そのため販売期間が不要となり、短期間で売却手続きが完了することとなるのです。


また、不動産のプロである不動産会社が買主となり、売主と直接契約条件を調整することで、売主の様々な売却ご事情に対応した売却スケジュールで進めることが可能となることや、ローン解約による契約解除などの不測の事態の発生のリスクも低いことから、当初想定した売却スケジュールが変動することなく、より安心・安全に不動産の売却が可能となるのです。

売却価格が違う

仲介の場合、不動産会社は、様々な広告媒体を利用し、広く購入希望者を探すため、
不動産市場の相場価格で成約に至る可能性が高いといえます。


一方、買取の場合、不動産会社が購入した不動産を、その後、リフォームやリノベーションといった付加価値をつけた上で、
再度販売することとなります。


そのため買取の場合は、販売期間がなく、売主の売却ご希望条件に沿った、売却スケジュールで進めることができる反面、瑕疵担保責任やそのリスクを不動産会社が負担するため、不動産の買取では、仲介の場合と比較すると一般的には売却価格が低くなることがあります。

しかし、不動産(物件)の状況によっては、不動産市場の相場価格と同等の価格で成約に至る可能性もありますので、信頼のおける不動産仲介会社に仲介の場合の売却価格と買取の場合の売却価格の査定依頼をしてみましょう。

弊社の買取実績はこちら

お問い合わせ

  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!