住まいニュース~インスペクションの説明義務化がスタート~

中古住宅の構造などに不具合がないかを調査するインスペクションについて、
売買するときに仲介会社に説明を義務付ける制度が4月からスタートした。
大京穴吹不動産が売主向けに無償でインスペクションを実施するサービスを開始。
また東京都が仲介会社などに費用を補助する取り組みを始めるなど、
中古住宅の安心な売買に向けて制度の普及に期待が高まっている。

インスペクションとは、専門家や第三者的な見地から、各種製品などの品質実態の検査し、評価すること。
ホームインスペクションは、建築士、住宅診断士など設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化レベル、工事不備などを診断し、その改修規模や概算コストの目安を算定し、客観的な立場でアドバイスをすること。
目視により、屋根・外壁・室内・床下などを診断するのが基本メニュー。依頼主の要望により、機材による診断を行う場合もある。費用は、目視による標準的な診断で5万~8万円程度。
近年ホームインスペクションは、日本でも増加傾向にあるが、今後、中古リノベーションの盛り上がりとともに、そのニーズはさらに高まることが想定されている。
こうした背景を受け、最近では、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会が、品質担保を目的とする公認ホームインスペクターの資格試験を実施するなど、ホームインスペクションの普及や専門家の育成に努めている。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!