リノベーションで知っておきたい基礎知識

Step.1 リフォームとリノベーションの違い

①リフォームとリノベーションの違いって?
言葉の定義では、リフォームが「建物を新築時の状態に近づけるための修繕や改修」を意味するのに対し、
リノベーションは「既存の建物の機能や用途まで変える規模の大きな工事」を意味します。

けれど最近は「新たな価値を加える」という意味で、内装や設備機器にこだわりをもって改装する場合もリノベーションと呼びます。

②中古住宅の資産価値を上げるリノベーション
日本の住宅の価値は新築時が頂点とされ、10年住んだら市場価値が半分に落ちた、というケースもあるほど。
ですが、この基準が少しずつ変わりつつあります。中古住宅に、現在の基準に即した機能をつけ加えて、市場価値を復活させようという動きです。耐震性や気密性、断熱性をアップさせる工事がその例。
なかには、国や地方自治体から補助金が出る場合もあります。


③中古住宅取得に対する支援制度
全国47都道府県で、もれなくなんらかの支援制度が設けられています。
内容は、利子の補給やローンの充実、建築物診断の専門家の派遣、特定の工事に対する補助金など、さまざま。支援を受けるのに必要な条件も定めれているので、お住まいの地方自体のホームページを確認しておくのがよいでしょう。

④「住むほどに価値の増す家」をつくろう
欧米では、建築物は「古いほど価値がある」とされ、古い物件ほど価格も上がる傾向があります。
日本でも、環境・資源問題の観点から、「いいものをつくって、きちんと手入れをし、長く大切に使う」という欧米風の価値感を取り入れようと、国がシステムづくりを始めています。
施主の立場からも、建材を選ぶ際、10年後、20年後に経年変化で魅力を増すものを選ぶなど、検討が必要です。

Step.2 リノベーションに向く家と向かない家の見分け方

①基礎や構造体に老朽化の跡がある家は避ける
外壁に大きなひび割れがある場合、地盤の傾きや雨漏りの可能性があります(ただし、モルタルの乾燥縮小などで、問題ないものもあるので確認が必要)。また柱がシロアリに食われたり、過去のリフォームで重要な柱が抜かれていて、家が傾いている可能性も。こういう家は修繕のコストがかかるので、避けたほうが無難です。

②外壁の古さや汚れは大幅に改善できます
外観が古びていたり、汚れが目立っていたりすると気になるかもしれませんが、
これは、塗装や仕上げの張り替えなど、リノベーションで改善できるので大丈夫。ただ日当たりが悪かったり、湿気が多かったりと、環境に影響を受けやすい場所に建っている場合は改良にも限界があるので、事前に施工会社に相談を。

③ライフスタイルに合った間取りの家ならコスト削減に
大幅な間取りの変更にはコストがかかるので、水回りの配置などが理想に近い家を選べば、その分コストは抑えられます。
また構造によっては思うように変更できない場合があるので、事前に施工会社に伝えてチェックするとよいでしょう。
窓や玄関などをそのまま生かせる家は、コストを抑えやすいのでおすすめです

④耐震基準を満たしているか事前に調査を
昭和56年(1981年)6月1日以降に建築確認を受けた建物は、現在の耐震基準を満たしているので、丈夫な構造で建てられていると判断できます。それ以前の建物の場合は、公的補助金によって、ほぼ負担なしで耐震診断が受けられる制度や、補助工事をする際、費用の約半分の補助金が支給される制度もあります。地方自治体のHPで確認を。

⑤図面がそろっている物件だと一一-リノベーション計画が立てやすい
構造図面や建築時の図面、過去の修緒履歴が残っているかどうかもーつの目安。リノベーションできること、できないことの判断が安心してできるから、計画も立てやすくなります。また、情報がしっかり管理されているのは、その家が持ち主に大切にされてきた証拠とも、とらえることができるかもしれません。

プランニングの流れ

プランニングは要望や生活スタイルを伝えることから
プランナーは、依頼主のライフスタイルやインテリアの好み、趣味、休日の過ごし方、生活で大切にしていることなどあらゆることを参考に、リノベーションプランを作成していきます。

プランを立てる前のヒアリングでは、好きな洋服のブランドや聴いている音楽、インドア派かアウトドア派か、人を家に呼ぶことが好きかなどといったことまで聞かれることも。
関係ないように思われるかもしれませんが、そうした情報はその人の好みやライフスタイルの傾向を知るヒントになるのです。
プランニングの段階で自分のことや要望を全て伝えることで、自分にとって生活しやすい動線や部屋割り、こだわりたいポイントなどが図面に落とし込まれていきます。
例えば洋服や雑貨がどのくらいあるのかを伝えれば、使いやすい収納スペースの提案なども可能になります。料理が趣味であれば充実したキッチンプランを、聴いている音楽から自分では思いつかないようなおしゃれなプランを提案してもえることもあるでしょう。
プランニングの前に思っていることを伝えないと、出来上がってきたファーストプランと自分のイメージのズレが生じ、何度も図面を作り直すことになってしまいます。それでは、お互いに無駄な時間をかけることにもなりかねません。
理想の住まいを手に入れるためには、プランナーに自分をよく知ってもらい、リノベーションで実現したいと思っていることを始めに全て伝えることが大切です。

理想に近づけていく
ファーストプランが出来上がったら、それをベースに修正点や細かい点を決めていく作業に入ります。
プランニングのこの段階では、実際に出来上がりを想像しながらキッチンや水回りの設備、壁や床の材質や色、ドアノブなどの細かい部分まで決めていきます。もちろん、予算の関係もあるため全て理想通りとはいかない場合もあるかもしれません。
もし、具体的なイメージがわかなければ、プロであるプランナーにどんなことでも相談してみましょう。実例や床材などの実物を見ながら相談にのってもらったり、自分では思いつかないような提案をしてもらったりすることも可能です。ライフスタイルに合わせた居心地の良い住まいを実現するために、ファーストプランを土台にして理想に近付けていきましょう。
リノベーションをしたいけれど漠然としたイメージしかないという人は、リノベーション会社があらかじめ用意しているプランから選ぶのもおすすめです。用意されたプランをベースに、ドアや洗面所、キッチンなどのパーツを自由に組み合わせて個性を演出することもできます。
プランニングで大切なのは、どのような生活をしたいのかある程度はっきりとしたイメージを持ち、ライフスタイルや要望をプランナーに伝えることです。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!