拓匠開発の街づくりのコンセプト

わたくしたちがつくる分譲地は、他社では実現できない資産価値が高く評価されるそんな、
ワンランク上の街づくりをご提案します。

わたくしたち拓匠開発は「未来への街づくり」をお客様に届けています。 造成区域内に新設道路を設ける場合や、一定規模以上の盛土や切土が発生する場合、地目が宅地以外の土地を宅地に変更する場合に開発行為とみなされ、公的な許認可が必要になります。拓匠開発は土地の形状や地盤の特性、地域や街の状況を知り抜いた“宅地造成のスペシャリスト”と“販売業務のプロ” “建築デザイナー” “管理の専門家”が一体となって、お客様のご要望にとことん応え、その住まいと生活に「感動」「安心」していただけるご提案、サービスを行っています。

拓匠開発の街づくりについて

コミュニティスペース“椿森コムナ”で地域活性化

私たち拓匠開発は「木」と「家」を扱う企業として森を守ること、育むことが重要であるとの考えから、
2013 年、長野県の「千年の森ツリーハウスの街」で森の環境を保全する仕組みに賛同しました。

「人の手を加えることにより、健康な森を維持していくことができる」というこの仕組みは、
森に陽射しがはいるよう計画的に木を伐採し、
その木でツリーハウスをつくることで、
森と樹木を有効活用するというものです。

今回(2015 年)、私たちはこの経験を活かして、
千葉市中央区椿森にツリーハウスをシンボルとした
コミュニティスペース「椿森コムナ」をつくりました。

親子連れからご年配の方まで。新たな地域交流の拠点に

千葉公園の目の前に位置する「椿森コムナ」。

元は戸建分譲用地として購入した土地ですが、
そこに残る樹齢を重ねたイチョウや樫の木を生かそうと、ツリーハウスを設置。

子どもも大人も集えるコミュニティスペースを作ることで地域活性化を目的にプロデュースしました。

また、ただ「場」を提供するだけではなく、多彩なイベントも開催。

積極的に「人が集まる」環境を整えることで、新たな文化や、世代を超えての交流が生まれています。



  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

NOW ON SALE!!

COOMING SOON!!